中正面2列16番

だらだらと神社仏閣の写真を垂れ流すプログ

紫雲山・くろ谷 金戒光明寺  

随分と久しぶりの更新になってしまいました。

次は金戒光明寺です。
南禅寺付近から自転車を漕ぐこと20分ほど。
金戒光明寺ってこのへんだよなぁとウロウロしていると、でっかい目印を発見。
237

大きいお寺なので適当にその方向に進んでいれば分かるだろうと思ってたたのに、
なかなかわからなくて心配になり始めた時に看板があったのちょうどほっとしました。

このあとも、いくつか案内があったので迷わずに、たどり着きました。
これとか、
239

こんなかんんじで。
240

案内に従って進むとやっとお寺らしい建造物が。
241

まだまだ自転車で進めそうなので、どんどん行っちゃいます。
すると山門があったのですが、残念なことに工事中でした。
243

山門はくぐれませんが脇をまだ自転車で進んでいけそうなので迂回してさらに登って行くと見えてきました。
これは、御影堂です。
247

公式サイトからの抜粋

内陣正面には宗祖法然上人75歳の御影(座像)を奉安している。
火災による焼失後、昭和19年に再建となったもので、堂内の光線と音響に細部の注意がこらされて昭和時代の模範建築物といわれている。


こちらは中にはいれますのでゆったりと参拝させて頂きました。
御朱印はこちらの中でいただくことが出来ました。

ちなみに私はこちらのお寺を最近まで知らなかったのですが、公式サイトをみると、

西山連峰、黒谷の西2キロの京都御所、西10キロの小倉山を眺み山門、阿弥陀堂、本堂 など18もの塔頭寺院が建ち並ぶ。また、幕末京都守護職会津藩一千名の本陣にもなった。


あぁ、そういえば聞いたような気がするなと思いだしました。
なにしろ幕末にはあまり興味が無いもので。

境内はかなり広くゆったりしています。
阿弥陀堂などもあるのですが、写真撮り忘れてしまいました。

あと、あの熊谷次郎直実が鎧を掛けたという松がありました。
259
その松がこちらですが、なんか引きすぎてよくわからないですね...
263

だいぶ日も傾いてきたので、本日最後の吉田神社に向かいます。
256

あ、こちらではいくつかの御朱印がいただけますが、
私はこちらの2つをいただきました。

一つ目は、山門楼上にある後小松天皇宸翰「浄土真宗最初門」の勅額からで、
法然聖人がくろ谷の地で初めて念仏の真実義を広められたところであり、念仏の発祥の地を意味してるとのこと。
saisyomon

もう一つは、阿弥陀堂にある、本尊阿弥陀如来の御朱印です。
私は戌年なので守り本尊にあたるので、いただきました。
kurotaniamida

category: 寺院

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://handanpillow.blog67.fc2.com/tb.php/32-0d6f742f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)