中正面2列16番

だらだらと神社仏閣の写真を垂れ流すプログ

長谷山本土寺(その1)  

この週末は関東地方でもすっかり桜が満開ですね。
そんなわけで私も御多分にもれず、参拝ついでに桜を見てきました。

桜ってやっぱり日本人にとって特別な花ですよね。
この季節は写真好きの人も、満開の桜を写真に納めようと、あちこちに出かけてることでしょう。
だけど、人が多いと綺麗な景色が今ひとつぱっとしなくなってしまうので、
今回、私は近場で綺麗そうなところに、朝早く出かけて人の少ない時間を狙ってみました。

はじめに向かったのは、JR常磐線の北小金駅から歩いて10分弱の「長谷山本土寺」です。
このお寺、この界隈では、“あじさい寺”“四季の寺”“紅葉の寺”など、景観が美しいことで名が知られています。
DSC_5342

駅から300mほど歩くと、参道が見えてきます。
DSC_5349

参道は平坦で真っ直ぐではなく、多少の起伏がありくねっているため、
ちょっと足を止め参道の景観を楽しんだりしたくなります。
DSC_5356

そんなわけで、参道で咲いていた可愛い花を。
DSC_5358

参道を進んでいくと仁王門が桜のトンネルの彼方に見えてきます。
DSC_5377

見上げると、桜と青空が素晴らしい絵を提供してくれています。
DSC_5390

そして、今来た参道を振り返ります。
淡い桜色と朝の空色の優しい美しさ。そして、ゆきやなぎがまるで雲のようです。
DSC_5391

しばらく美しさを堪能したあと、仁王門に近づきます。
木々に覆われ仁王門自体が隠れてしまっていますね。
DSC_5397

お寺の説明はこちら。
DSC_5402

仁王門をくぐり進むと、少し下りになっています。ちょっと「下り宮」を連想させますね。
この時間はまだ開山時間前で、門が閉じています。
DSC_5403

本来午前8時開山ですが、私がついたときは一組の方が開くのを待っていたためか、
10分ほど早く開けていただけました。入山料は500円です。

まず境内に入ると、鐘楼の前の桜に目が止まります。
DSC_5412

そして、もう少し境内を本堂に向かっていくと五重塔が桜の陰から見えてきます。
DSC_5416

本堂を桜といっしょにすこし遠目に。
DSC_5418

そして参拝。
私が見ていた感じでは、参拝をしている方は皆無でした。
いくら桜が満開とはいえ、参拝はちゃんとしたほうがいいと思います…
DSC_5433

そして、本堂前から振り返って一枚。
DSC_5434

長くなってしまったので、続きは「その2」として、近うちに。

category: 寺院

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://handanpillow.blog67.fc2.com/tb.php/12-1771af99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)