中正面2列16番

だらだらと神社仏閣の写真を垂れ流すプログ

広大山高樹院松龍寺  

いよいよ4月。春到来!桜だ!と思ったのですが、今年は寒かったからか、
ソメイヨシノは東京ではまだ全然なんですよね。
それでも春の日差しに誘われ、自宅近隣を散歩してみました。

私は現在、千葉県松戸市に住んでいます。
松戸市には結婚して引っ越してきました。
東京生まれの私は子供の頃から、他県で生活することはなかろうと、漠然と思ってたんですが、
あっさりと結婚で都外に出てしまいました。
まぁ、地価とか考えると都内は割りに合わないので、松戸という都心に近いのに千葉という土地は、
案外正解だったのかもしれないと、10年を少し過ぎ感じています。

さて、最初に行ったのはJR常磐線の松戸駅から徒歩10分弱の広大山高樹院松龍寺。
駅前の伊勢丹の裏から坂川という小さい川沿いを歩くとわかりやすくたどり着きます。

このお寺は、常磐線で松戸駅からもう少し取手方面に行った北小金駅の近くの、
仏法山東漸寺の末寺として元和元年(1615年)に創建されたそうです。
(東漸寺には来週桜が満開のころに行く予定)

参道は松戸宿本陣と渡船場道の間の水戸街道に面しており、かなり栄えたそうです。
現在の参道はこんな感じです。
境内から山門、参道の突き当りは旧水戸街道。
DSC_4991

順序が逆ですが、山門の前に咲いていた木瓜が綺麗でした。
DSC_4969

木瓜の隣にはお地蔵様たちが並んでいます。
お供えの花とお水が綺麗になっており、近隣の人なのかお寺の方なのかわかりませんが、手入れが行き届いていて、
愛されている雰囲気が伝わります。
DSC_4972

何回もの火災で寺は焼失し、山門のみ焼失を逃れ、往時の面影を残しているそうです。
DSC_4999

こちらが本堂。ご本尊は阿弥陀三尊だそうです。
DSC_4976

境内には観音堂があります。
DSC_4979

観音堂の横の桜もまだつぼみです。
DSC_4986

ちなみに、観音堂の由来はこんな感じです。
DSC_4987

この近辺で毎年行われる、「松戸宿坂川献灯まつり」はこういう事だったのかと、いまやっとわかりました。
案外、住んでいても土地のことってわからないものですね。

最後に、境内にいらっしゃったイケメンお地蔵様を一枚。
DSC_4995

category: 寺院

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://handanpillow.blog67.fc2.com/tb.php/10-fd6352e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)