中正面2列16番

だらだらと神社仏閣の写真を垂れ流すプログ

東山 建仁寺  

さて、随分更新が遅れてしまいましたが、次に建仁寺に来ました。
まず最初にたどり着いたのは、勅使門。
私、正面入口っぽいのでこっちから入ればいいのかなぁと思ったんですが、周りに人全然いませんでした。
公式サイトを読むと、

元来、平重盛の六波羅邸の門、あるいは平教盛の館門を移建したものといわれている。


なんて書いてあります。

このへんは自由に出入りできるようで、自転車を引っ張って内部へ移動します。
095

さすがに自転車に乗るのは失礼かなと、移動していきます。
奥に、三門が見えてきました。
101

三門の脇を抜け、本坊の方へ向かいます。
ここで、「自転車はここに駐めて〜」と、係の方に指示されました。
観光寺だとこういうところがしっかりしてて助かります。
105

ここで、拝観料払い、本丈、法堂の内部を見に行きます。
内部は写真撮影OKとのことです。

まず入って目を引くのが、「風神雷神図」。
教科書で何回もみたであろうこの図。残念ながらこれは複製で、原本は京都国立博物館にあるそうです。
10年以上前に、京都国立博物館行ったんですが、見たんですかね?自分。
108

そして、よく考えたらそろそろおなか空いたなぁと思いつつ、潮音庭をぼんやりと鑑賞。癒されますね。
113

しばらく休んで次は、法堂へ向かいます。
法堂は渡り廊下を通った先にあります。
こちらも内部は撮影OKだそうです。
そこでまずは天井の双龍図を一枚。
133

そして法堂の釈迦如来坐像
134

しばらく法堂を見学して、方丈のほうに戻ってからお寺備え付けのサンダルで庭にでると、
安国寺恵瓊の墓なんてのもあります。
138

有名な、観光寺だけあって多くの人が鑑賞していましたね。
私は一人でしたがたっぷり堪能させてもらいました。

最後に預けていた御朱印帳を受け取ります。
kenninji-s

さて、初夏の京都散策まだ続きます。
スポンサーサイト



category: 寺院

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tb: 0   cm: 1