中正面2列16番

だらだらと神社仏閣の写真を垂れ流すプログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

もうすぐ更新再開します  

ずいぶんと長いこと更新が途絶えてしまいました。

春夏は、長期の出張だったのと、メインで使用していたPCが故障してしまって更新が停止してしまいました。

ただ、何をトチ狂ったのかMacを買ってしまいまして、
写真の管理やら修正やらをやるのも、まだ慣れてないもので時間がかかっています。

この期間、かなりの写真がたまりましたので、
準備でき次第、更新していきたいと思います。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

石清水八幡宮  

2012年夏の京都の寺社巡りも、ようやく最後の訪問先になりました。

前日は仁和寺で17時となり、自転車で急いで京都駅まで戻り、18時の返却になんとか間に合いました。
そして本日は石清水八幡宮だけ参拝して東京に帰ります。

遅い時間の上りの新幹線は混むのと、東京についた後ラッシュに巻き込まれてしまうのが、
案外ダメージ大きんですよね。

そんなわけで、この日は1か所だけ参拝です。
もっとも、前日にあれだけ京都市内を自転車で巡ると、
日頃運動してない私は疲れてしまってていくつも巡る元気もないのですが。

京阪電車にのっておけいはんの中吊りみながら八幡市駅までやってきました。
本来であれば下から男山に登るべきなんでしょうが、
昨日、自転車で暴走したので足腰がガタガタです。

というわけで、ケーブルカーで登ることにしました。
384

朝ということもあって、空いてますね。
386

山上駅を降りて参道を進みます。
389

さぁ見えてきました、南総門。
右よりにカヤの木が見えますね。
公式サイトによると樹齢は700年以上とのこと。
395

そして、本殿。うーん素晴らしい。
399

そして、寄ってもう一枚。
407

東京近郊に住んでいると、鶴岡八幡宮は馴染み深いのですが、
なかなか石清水八幡宮には来れないので、しばらく境内の空気を堪能しました。
やはり次は宇佐に行ってみたくなりますね。

そして、帰りもケーブルカーで下り京都駅にもどりました。
423

最後に御朱印を載せておきます。
iwashimizuhachimanguu-s

ずいぶん長かった2012年夏の香川-京都編が終わります。

この年はこのあと取材協力で9月はじめくらいまでは江戸三十三観音を巡っていました。
以前に巡ったことがあるので二巡目でしたが、
久しぶりということもあり楽しく参拝しました。

次回からは、2012年秋栃木編になります。

category: 神社

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

大内山 仁和寺  

というわけで、この日、最後の訪問先、仁和寺。

今まで何度か仁和寺を訪れようとしたことがあったのですが、
時間が間に合わなくて入ることが出来なくて、この前で何度嘆いたことか。

そして今回やっと初めての参拝となりました。

321

そして、仁王門から、中門を眺めます。
325

はじめに訪れるのは、御殿。
本坊表門のあたりから。
これよくみると建物の前に人が二人座っているのです。
こうやって人の通り道に座ってるってどうかと思うんですがね。
そして彼らの会話を聞いてるとどうやらC国の人たちらしいのですが、
観光地でのマナーの悪さには本当に腹が立ちます。
327

そしてまずは南庭。
333

御殿内は撮影OKだとのことなので、何枚か撮っておきました。
334

二枚とも、どこだったのか今となっては失念。
335

御殿は白書院・黒書院・宸殿・霊明殿が結ばれているのでこんな風に回廊なっているのも素敵です。
336

そして今度は北庭です。
先ほどの南庭とは趣が違いこれまた美しい。
350

御殿を後にして次は金堂に向かいます。
途中にある先ほど仁王門から眺めた中門をくぐって進みます。
361

この左側は御室桜ゾーンなのらしいのですが、今は当然咲いていません。
366

そして金堂です。
370

金堂に向かって左にある鐘楼。
372

向かって右は経蔵。
374

来た参道を少し戻って、九所明神。
377

そして、最後に五重塔。
379

時間があれがいくらでもゆっくり見ていられそうなお寺でしたが、
アナウンスが流れて境内を閉めるとのことで時間切れとなりました。

最後に御朱印を2つ。「旧御室御所」と「阿弥陀如来」を今回はいただきました。
他にもいくつかあったので、たくさんあると選ぶのに困ってしまいます。
御朱印を集めるために社寺を巡っているわけではないので、その時の参拝の趣旨に合わせて、
適切なものをいただくようにしています。

御朱印をいただくようになって十数年経つのですが、
始めた頃は「集める」という意識があったのですが、
やはりそれは本末転倒で、あくまでも参拝した結果「集まった」となるべきものでしょうね。

さて、今回は初めてだったことで「旧御室御所」と、
私の守り本尊でこちらのご本尊の「阿弥陀如来」さんをいただくことにしました。
またこちらに伺った時に、別のをいただくことにしましょう。

ninnaji-s1

ninnaji-s2

次回は2012年夏の京都編の最後、石清水八幡宮です。

category: 寺院

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

平野神社  

仕事が忙しかったのと、少し体調が悪かったため、
前回からずいぶん更新が空いてしまいました。

さて、前回の北野天満宮から自転車で移動してきたのは平野神社です。
平野神社といえば桜が有名ですが、いまは真夏でそんなかけらもありません。
そして、二十二社の上七社の神社ですね。

さて、自転車をとめ境内に進んでいきます。
左に桜の木がありますね。
295

最初に目に入ったは、御神木「大楠」でした。
297

そしてその傍らにある、「すえひろがね」。
なんかこれ磁石が吸い付く云々でパワースポット的な扱いなんですね。
まぁ、私はそういうの興味が無いんで、私の心は吸い付かなかったんですが。
298

そしてまずは参拝。
302

そして、舞殿ですかね
305

摂社、末社の写真を何故か撮り忘れている…
暑さのせいですかね。

そして、最後に鳥居。
あれ、こっちから入るべきだったかな。
317

そして、最後に御朱印を。
hiranojinnjya-s

category: 神社

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

北野天満宮  

先ほどの将軍八神社からすぐの北野天満宮にやってきました。
天満宮、菅原道真公ですね。またもや日本の大怨霊のお一人ですな。

と、いうわけで、さすがは有名な神社だけあって、タクシーが次から次へとやってきます。
ちょうど、三つ葉のクローバーで有名なヤサカタクシーが写ってますね。
私、乗ると幸運が訪れるという1400台のうち4台しかないという、
四つ葉のクローバーのタクシーに乗ったことはないんですが、
一日に二回、四つ葉のタクシーを目撃したことがあります。
これはすごくいいことがあるか、裏返ってとんでもないことが起きるのではないかと思ってたら、
後者で、その後とんでもないことがあった経験がありました…
それはさておき…
271

さぁ私も自転車を鳥居の足元の駐輪場に自転車を停め参道を進んでいきます。
272

しばらく参道を進んでいくと、楼門が見えてきました。
273

楼門の手前左側にあるのは伴氏社。
道真公の母、伴真成の娘をお祀りしているとのことです。
274

そして菅公といえば、梅と牛さん。梅は時期はずれですが、牛さんはいます。
275

そして楼門。
277

そして、楼門をくぐり参道を進んでいくと次は、三光門。これは重要文化財だそうです。
281

そして、社殿。こちらは国宝なんですね。
284

暑いので参道を戻り絵馬所の所で休憩しようと戻る途中で、末社の文子天満宮を参拝。
文子天満宮に関しては、私が書くより公式サイトをみてもらうのがいいですね。
291

ひと通り参拝が終わったと事で、絵馬所で休憩をしました。
冷たいお茶を飲みながらふとみると、
ちょうど私の頭上に在原業平朝臣の額があったので最後に一枚。
293

そして、最後に御朱印を。
そういえば、我が家も家紋は梅鉢なんですよね。なんだか親近感を感じますw
kitanotenmanguu-s

category: 神社

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。